市民ボランティア災害ネットワーク

和光市役所(クリック)
和光市役所(クリック)
和光市社会福祉協議会(クリック)
和光市社会福祉協議会(クリック)

facebook (クリック)
facebook (クリック)

ライダースレスキュー隊代表として

和光市市長 松本 武洋様に

大変貴重なお時間頂き

約2時間ほど防災について

お話を聞いて頂き

また市の危機管理室

防災担当主任の

山口元輝様にも

何度かお話を聞いて頂きました。

 

 

近年、日本は大災害が多く

何時どこでまた大災害が起こるか分かりません。
出来る事なら隊員を拡充し普段は巷の人助けをし

いざ災害時にはご当地の支部をパイプラインとして

他のボランティア団体と連携し

現状把握と支援を組織的に出来たらと考えています!

実際、大災害時ともなると消防、レスキューや警察や自衛隊に

市役所職員の方達が 献身的活動をしてくれますが…

埼玉県だけでも720万人の県民の方がおり

公務員の方達だけでは全く人手もお金も足りないのが事実です。

阪神淡路大震災や東日本大震災の時の事例でも

一般市民の活躍に救われた命が殆どでした。

私は大規模災害時には

政官民一体となった力が必要と 強く感じています。
 

こんな御時世だからこそ互いに助け合い支え合い

真心 と絆が大事だと考えており

特に市民ボランティアの団体や集団は

個々の活動を 有効に活用するため
各ボランティアの連携が大変重要だと思います。

 

 

ライダースレスキュー隊では

他の市民ボランティア団体と連携するべく

県や各市の社会福祉協議会やボランティアセンターへ訪問し

活動内容と連携へのご協力をお願いしております。

もしこのH.Pを見て

『市民ボランティア災害ネットワーク』

に賛同頂ける ボランティア集団や団体が居ましたら

是非ともメッセージやコメント頂けたら幸いと存じ ます!

ライダースレスキュー隊 関東方面 埼玉支部在籍

( 代表責任者)  市川 寛

 

3月11日の日に和光市社会福祉協議会の方々や

他の市民ボランティアの方々と一緒に
東日本大震災の義援金の為の募金活動をして来ました!

 

18歳と若い隊員もお手伝いしてくれたので
とても頼もしかったです~☆

 

沢山の方々が募金箱にお金を入れて下さり
年配の紳士の方や幼稚園児の女の子から年配の主婦の方や

女子高生に三十代位の会社員風の方まで

 

募金箱にお金を入れて貰う時に、思わず涙が滲み
『頑張って下さいね!』

のお声を掛けて頂いて
涙を堪えるので必死でした(苦笑)

 

皆様の暖かいお気持ちを頂いて大変心が暖まりました~☆

この暖かいご支援が被災者の方に届く様願うばかりです!





最後に交番に入って警官の方にも募金して貰いました(笑)

 

 

 

《ライダースレスキュー隊に共感して頂ける方はシェアお願いします。》